本文へスキップ

秋田扶桑精工(株)は鋳鉄鋳物素材から加工まで短納期でお応えする会社です。

扶桑精工グループの一員です。

TEL. 0186-78-4111

〒018-4231 秋田県北秋田市上杉字金沢178-710

鋳物製作紹介SERVICE&PRODUCTS

各種鋳物材

「当社の鋳鉄」

ガラスびん金型最高の素材を求め1986年に参入。
数々の困難を乗り越え、専用鋳物素材を提供出来る企業として評価される様になりました。
ガラスびん金型用を主体とし、各種部品材料も生産しています。


鋳物材料イメージ 鋳物材料イメージ


「チル化の鋳物」....当社のガラスびん金型材の形状面はこれである。

鋳込みの湯流れイメージ

主に炭素化合物の高密度化を行い、耐摩耗性や高硬度化など特殊用途に対応した素材となる。

素材組織上、磨く事によって高い光沢面ができる。

通常は冷硬鋳物と称して、金属を当てた急冷方式で製作するが、化学的に調整する方法も存在する。(当社は金属当て急冷方式)




「高耐熱、耐摩耗鋳物」..当社のガラスびん金型材の材質はこれであり、当社オリジナルである。

鋳込みイメージ

溶融ガラス材による熱衝撃に耐えうる特殊鋳物を自社開発し、通常の鋳物にはない長寿命の素材をガラスびん金型専用素材として生産しています。




納期管理

「製品納期厳守主義」

当社のガラス瓶金型鋳造ラインでは、木型製作、造形鋳込み、鋳仕上げ(焼鈍)が、最短の場合で各一日ごとに進行し、休日以外は基本的に毎日が製品出荷日となります。
その為、ラインに組み込み可能な製品は、ためこみ焼鈍等で出荷日が遅延されることなく極めて短納期出荷が可能です。

チル鋳物、鋳鉄鋳造の鋳込みイメージ

 


バナースペース

ISO9001認証取得

登録番号 : JP09/061319
審査機関 : SGSジャパン株式会社
登 録 日 :2009年01月07日

ISOマーク

秋田扶桑精工株式会社

〒018-4231
秋田県北秋田市上杉字金沢178-710

TEL  0186-78-4111
FAX  0186-78-4112