本文へスキップ

秋田扶桑精工(株)は、鋳鉄鋳物素材から加工まで短納期でお応えする会社です。

扶桑精工グループの一員です。

TEL. 0186-78-4111

〒018-4231 秋田県北秋田市上杉字金沢178-710

鋳鉄鋳造(普通鋳物,特殊鋳物)

鋳鉄鋳造

普通鋳物はもちろん、高耐熱、耐摩耗、チル鋳物など特殊鋳物を手がけ、ACEラインにより特に量産物を得意としております。

金属加工(金型,機械部品)

金属加工

長年のガラスびん金型加工技術と自動化で、低コストと短納期を実現。その信頼の技術を他の加工品へも受け継ぎます。

バナースペース

ISO9001認証取得

登録番号 : JP09/061319
審査機関 : SGSジャパン株式会社
登 録 日 :2009年01月07日

ISOマーク

秋田扶桑精工株式会社

〒018-4231
秋田県北秋田市上杉字金沢178-710

TEL  0186-78-4111
050-7544-8108
FAX  0186-78-4112

秋田扶桑精工(株)は、鋳鉄鋳物素材から加工まで短納期でお応えする会社です。

会社PR

  • 当社は、ガラスの金型の設計、鋳鉄鋳造、製品加工からメンテナンスまで一貫して行える希少な会社です。
  • ガラス瓶の金型素材は耐熱衝撃性と形状部の高密度性が必要となり、チル鋳物と称する特殊鋳物で、当社はさらに耐久性を追求した素材になっております。
  • 加工機械の更新も積極的に行い、高い加工効率と素材の自社供給と合わせ、他ではまねのできない短納期を実現しております。
  • 今後、技術の幅を更に拡げ、ガラス瓶金型以外の金属部品製造でも、ユーザーの期待に応えて参りたいと考えております。

グループ工場


NEWS新着情報

2016年4月
一般的な紹介以外に特徴紹介として、ページを追加。
2015年12月
複合旋盤(オークマ MULTUS U4000)を新規導入しました(旧型機と入れ替え)。
2015年7月
マシニングセンター(豊田工機FH80)を他工場より移設しました。
2015年5月16日
秋田朝日放送のローカル番組(サタナビ!)で当工場が紹介されました。
2014年9月
複合旋盤(オークマ MULTUS U4000)を1台増設しました。
2014年6月
昨年に続き、複合旋盤(オークマ MacTurn550)を1台増設しました。
2013年2月26日
新規に電気溶解炉を増設いたしました。
2013年1月
複合旋盤(オークマ MacTurn550)を1台導入しました(旧型機と入れ替え)。
2012年11月16日
秋田扶桑精工株式会社の専用ホームページを更新しました。
2011年11月
マシニングセンター(マキノ a81)を1台追加導入しました。
2011年6月28日
戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン事業)に、当社の素材開発が選ばれました。 (アニメーション表示の「モデリングと湯流れシミュレーション」はその成果です。)